読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の背景

主に、どうしようもないことを書いています。

仕事は少なければ少ないほどいい…のか?本当に?

仕事、人生観に関して、以下の有名な2chコピペがある。

 

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。
メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、
「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」
と尋ねた。 すると漁師は
「そんなに長い時間じゃないよ」
と答えた。旅行者が
「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」
と言うと、漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。
「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」
と旅行者が聞くと、漁師は、
「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、女房とシエスタして。
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」
すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。
「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、漁をするべきだ。
それであまった魚は売る。お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。
その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。
自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、
ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」
漁師は尋ねた。
「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」
「二〇年、いやおそらく二五年でそこまでいくね」
「それからどうなるの」
「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」
と旅行者はにんまりと笑い、
「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」
「それで?」
「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、日が高くなるまでゆっくり寝て、
日中は釣りをしたり、子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、
夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、歌をうたって過ごすんだ。
どうだい。すばらしいだろう

 

うわー、このアメリカ人は馬鹿だなぁ。

 

と思う奴は本当に馬鹿である。このアメリカ人が到達する生活と、メキシコの漁師の生活は全く違う。人間関係の広さも、知識も、世界の広さも、不測の事態への対応力も、社会で十分に働いたことによる本人も気づかない自己肯定感も、人生を振り返った時の充実感も、何もかも。

 

そもそも、ここに出てくるメキシコの漁師の生活なんぞ、全くうらやましくない。飽きるよ、こんなもん。こんな最小限の生活しかしてないのに酒飲んでも、話すことないって。思考の材料もないって。歌っても気持ちこもらないって。何もかもが鈍るだけだって。これが豊かな生活だなんて、なんかの冗談だろ?反吐が出る。

 

過剰で不当な労働は憎めばいいけど、だからって極端なんだよ。

 

と、思ったわけです。なにがゆるい就職だ。あほか。自分の人生が物足りないのを、全て仕事のせいにするんじゃないよ。

 


ゆるい就職:若者が正社員で働くのは「負け」 慶大助教が提案 - 毎日新聞