読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の背景

主に、どうしようもないことを書いています。

愛を証明するキャラメルコーン

今すぐにキャラメルコーン買ってきて そうじゃなければ妻と別れて
                                佐藤真由美


っていう短歌を、下記のブログをみて知った。


短歌と解釈「今すぐにキャラメルコーン買ってきて そうじゃなければ妻と別れて」 - nerumae

今すぐにキャラメルコーン買ってきて そうじゃなければ妻と別れて という短歌に感じる情念 - ネットの海の渚にて


確かに、良い歌だなーと思う。「キャラメルコーン」という言葉を選ぶあたり、むちゃむちゃかっこいい。ただ、上の2つのブログの評価は、なんというか、情緒的な面が中心なので(短歌の感想だから当然と言えば当然であるが)、もうちょっと身もふたもない視点から、感想というか、状況を書いてみたい。


ただし、これから書く事は女性にとっては「当然じゃん」の話かもしれないけれども。



「今すぐにキャラメルコーンを買ってきて」


と女性は言っている。が、もちろんこれは「私が食べたいから、今なら時間があるし、近くに売っているから、買ってきて」と言っているのではない。断じて違う。


重要なのはこの発言をした状況が、男性にとって「買いにいきたくない状況」にある、ということなのである。例えば、男が女性の家に着いた瞬間。あるいはセックスをしようとした瞬間。あるいは、これから家族の元に返ろうとしている瞬間。出来るだけ嫌な瞬間に言うのである。


そして、おそらくキャラメルコーンは近くに売っていない。少し遠く、あるいは自宅と反対の方向に売っているに違いない。あるいはひょっとしたらこの町では見かけた事がないかもしれない。


さらに付け加えると、キャラメルコーンを選んだのは食べたいからじゃあない。「しょうもないもの」だからなのである。私のために、しょうもないものを買うため、わざわざ時間と労力を費やして欲しいのである。重要な物を取りに行ってもらっても、それは全く意味がないのだ。


そう、この女性はキャラメルコーンが欲しいのではない。欲しいのは男性がキャラメルコーンを買いにいくのに使用する、時間と労力と苦痛なのである。


男性が時間と労力と苦痛を女性に捧げることによって、少なくともそれくらいの時間をかけてくれるくらいには、労力を払ってくれるくらいには、あるいは苦痛に耐えてくれるくらいには、「その女性」を必要としていることが証明されるのである。


この女性を馬鹿にしようとするのは主に男性だろうが、ではそれ以外に「この女性」を必要としていることを証明する手段があるだろうか?歯の浮くような愛の言葉?そんなもの、セックスしたいから適当に言っているだけかもしれない。こまめに通ってくれる?性欲がおう盛なだけかもしれない。女ならだれでもいいのかもしれない。私を選んでくれたのは、簡単に落とせそうと思ったのかもしれないし、あるいは実は他にも大勢に声をかけていたのかもしれない。


でも、誰でも良いのなら、こんなめんどくさい要求を聞いてはくれないんじゃないだろうか…


不安定で誤摩化しに満ちた関係の中で、確実なのは相手の支払うコストだけである。コストだけが、男性から女性への愛を証明するのである。…いや、本当は必要性が証明されるだけで、愛の存在は証明されないんだけど…そこはそれ、そう思い込むのである。誰あらぬこの私を必要とするのは、愛ゆえである、と。


※本当は時間と労力と苦痛に加えて「金品」もあるんだけど、これを口にするのはちょっと下品と感じたのだろう、この女性は。



「そうじゃなければ妻と別れて」


この歌の重要な部分は前半に詰まっていると思う。ここは、状況をより詳しくする部分であろう。一つは、前半の言葉が発せられた具体的な状況(妻子ある男性と付き合っている女性が発した)の説明。


もう一つは、相手の男性の性質の説明。付き合っている相手が、察しのいい男性ならこの様な発言は出てこない。この鈍い男は、この様な重大なわがままに対して、拒否したり、嫌がる素振りを隠さなかったのだろう。そしてそれは繰り返されてきた。ついに女性は、それならば私の必要性を正式な形で証明してみせろ、と迫った…のかもしれない。

更にもう一つ、女性の性質を説明しているのかもしれない。我慢していて、不満をほとんど口に出さなかった女性が、ついに自分の必要性を無意識に証明しようと、わがままを言ってみたが、溜め込み過ぎて本当の願いがつい口からこぼれ出た…のかもしれない。


両方、少しずつなことが多いのかな。現実では。



感想


まぁ、てなわけで、男女の関係において非常に普遍的に(もちろん不倫じゃなくても)散らばっているこの構図を、この文字数で、ここまで奇麗に切り出したところに凄さを感じるのである。


愛の証明書でもあったら便利なんだけどねえ。…ほとんどの不倫は破綻するだろうけど。