読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の背景

主に、どうしようもないことを書いています。

ミネラルウォーターを選ぶにあたって

自分の「金を出して買う飲み物・ノンアルコール部門」の第1位は、ミネラルウォーターである。喉の乾きを癒すのに味が要らないから、という理由であって、別に水質にこだわりは無い。売っているなら水道水だろうが工業廃水だろうがなんでもいい。多分、何を飲んでもよくわからないだろう(しばらくしたら体調でわかるかもしれないが)。

 

そんなわけで、まぁ水ならなんでもいいのだが、実際のところ自分の周りの自動販売機で売っているのは、大体がサントリーの天然水か、いろはす(ILOHAS)なのである。あとはたまにクリスタルガイザーとか。

 

クリスタルガイザーを始め、外国勢の水があれば、即買いである。なんせ持っていたら何となく格好いいので。うかつな女性がそんな自分に一目惚れして、なんか凄い事が始まる可能性が0ではない(明日地球が2つに割れる可能性も0ではない)。大体が硬水でくせがあるが、まぁ慣れたらどうということもない。

 

外国勢が無い場合、サントリーの天然水があれば、それを買う。残念ながらこちらのデザインはもっさりしていて、おしゃれさのかけらも無い。しかし逆にその無骨さに女性がクラっとくる可能性が0ではない(明日太陽が爆発する可能性も0ではない)。味も無難でのみやすいし、実は産地が色々あるのでよくチェックすると楽しかったりする。

 

まぁ、どちらにしろ、そう困らないのだが、いろはすしかない場合は別である。

 

絶対に飲まない。飲んだ事は一度も無い。

 

なぜなら「いろはす」という名前の由来が、「I・LOHAS」で「アイ・ロハス」で、「私はロハスです」だからだ。ちなみにロハスな人とは「環境と健康に関心があり、社会に対する問題意識、自己啓発・精神性の向上に関心が高く、実際の行動に移す人」(by wikipedia)のことで…まぁ要するに、とってもうっとうしい人のことなのである。

 

ロハスな人」でさえうっとうしいのに、「私はロハスな人です!」などと主張する商品名など、おまけにそんな物を飲んでいる奴など、うっとうしいにも程があるではないか。誤って目に入ったサッカーボールよりもうっとうしい。ワンルームのアパートにローランドゴリラが10匹同居しているよりもうっとうしい。とにかく、もの凄くうっとうしい。うっとうし過ぎて、うっとうし死しそうである。

 

商品の名前にあまりに主張の強いものをつけるのはどうか、と思うんだけど、実際のところ人気あるのだろうか、いろはす。人気あろうが無かろうが、死ぬまで絶対に飲まないけど。