読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の背景

主に、どうしようもないことを書いています。

自分の話をする理由

男性との会話はしんどい。

 を読んだ。で、男性が自分のことを中心に話すのは「自分のことを凄いと思われたいから」と、この女性は思っているようだし、まあ女性相手だとその要素が全く無いとは言わない。女性に「すごい!」と感心してもらって不機嫌になる男性はまぁいないだろう。しかしさすがに「すごいすごい」と連呼する女性は馬鹿に見えてげんなりするし(ただし、可愛いならば馬鹿のほうがむしろ都合いい時もある)、男性の大半はそんな反応を求めているわけではないと思う。

 そもそも男性は、同性相手でも自分のことを話すことが少なくない。

 自分の話全般に言えるのは「直接体験し、詳細を知っている」ということだ。他人やネットから聞きかじった情報と違って、そこにあった微妙な流れまで理解しているので話を膨らましやすい。また膨らます時も、すでに自分の中にある知識だけで済んで簡単。ネットや伝聞では伝わらない情報も伝えられる。オリジナリティもある…ディテールだけだとしても。更に自分がしていることは、自分が興味を持って始め、そしてまた続いていることであり、聞き手にとってもある程度面白いかもしれない。昔やったことなら詳細を言っても迷惑がかからないだろうし、今やっていることなら臨場感をもって話せる。知識をまとめて伝えて共有すれば、なにか面白い切り口が見つかるかもしれない。

 つまり、自分自身の話は「話すのが簡単な割に、面白い可能性がまぁまぁある」話題なんじゃないかと思ってしまうのである。実際面白いかどうかわからないし、そればかりしていると飽きられる可能性もあるが…なにせ楽なんだもの。

 だからこの人ほど「承認欲求」だ「期待値」だの「重く」「だるく」受け取る必要はないわけだ。おかしければ突っ込めばいいし、詳細が分からなければ聞けばいいし、つまらなければそれとなく話題をそらすなり詳細を聞いて努力するなりすればいいし、すごいと思えばすごいと言ったらいい。

…まぁ相手がどういうつもりでも、面白くない話に付き合うのは確かにクソ重くてクソだるいんだけど。