読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の背景

主に、どうしようもないことを書いています。

なんとなく

才能と環境と努力

「産まれと才能>努力」だと思う人が、ひと昔前より増えていると感じるし、実際「努力が報われない世の中」になっていると思う 読んだ。「ひと昔前に比べて~」とか、「遺伝の影響が想像以上に~」とか、突っ込みどころの多い導入ではあるけど、まぁそれはお…

システムと作動音

恋愛とは、真実の愛とは。友情とは、嫉妬とは、孤独とは。生きる意味はどこにある、幸せってなんだ・・・ と、考えるの楽しいし、鍛えられた理論は美しいし、いいアイデアは実生活において役に立つとも思う。でもそれらって、システムを動かした時に現れる、作…

理不尽さについて

日常生活に理不尽なことは尽きない。親、友人、同僚、恋人、上司、社会のルール、どいつもこいつもクソの様な理不尽なことばかり言う。 「全員(俺以外)死ね!」と言いたいところだけど、言えない。なぜか。 自分の判断力が絶対ではないから。 どんなに今の…

他人との距離感(対バーテンダーとか)

バーとかに何度か通ったりして、バーテンダーなんかと仲良くなってくると、急に行きたく無くなるのはなんでだろう。うーん。 恐らく、中途半端な知り合いと話をしたくないのかもしれない。気を使うだけで鬱陶しいし。それなら全くの他人の方が圧倒的に楽でい…

炎上する記事、つっこみたくなる記事と、経験の頼りなさ

ネット上にはそういう記事があふれていて楽しいんだけど、そんな記事には、道徳の欠如自慢とか、明らかに誤った情報を発信しているとか、色々なタイプがある。その中で自分が好きなのが、ブログや日記に多い、 1.自分が経験した出来事や振る舞いを分析 2.そ…

公開討論の困難さ

「公開」討論のクソさに、憤死しそうになることがよくある。 まーしょうがないのはわかるんだけど。色々背負ってるしね、皆。大勢の聴衆の前で討論に負けたりなんかしたら、大きく失われるもんね。あんな一時の話し合いごときで。正しい方が勝つってんならわ…

障害者を見た時の、気持ちの悪さ

身体障害者を見たとき、明らかな知的障害者を目の前にしたときに、居心地の悪さを感じたり、なにか落ち着かないような、「気持ち悪さ」を感じたことはないだろうか。一度もないって奴は大嘘つき野郎だから今すぐに死んでくれ。…あ、物心ついたころから見慣れ…

この世で成功するのに必要なもの。

成功している人を見ていると、色んな人格、色んな能力、色んな生い立ちの持ち主がいる。それはまさに様々で共通点はほとんどない。しかしただ一つ、精神的な熱量の低い奴だけはいない。表面上そうでないやつも、何かのポイントで暑苦しかったり、非常に執念…

貴方たちはいいひとですね

世の中には、好ましく思われない人がいる。 人の忠告を全く聞かない 自分勝手 いいかげん 意欲がない 嘘をつく 人が嫌がることを平気でするなどの性質を持った人。このような人は、何か困難に陥ったときに周りの人から助けてもらいにくい。 もし誰かが助けよ…